毒吐くの場です。愚か者の独り言…。


by forbidden__fruit

カテゴリ:Baseball( 44 )

頑張れ城島健司!一応俺も応援してるぞ"(,,゚Д゚) ガンガレ!"

城島健司がMLBマリナーズの今季開幕戦でエンゼルスのサイ・ヤング賞投手コロンから第2打席にソロHR。しかもライトスタンドだってよ!

More
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-04-04 13:09 | Baseball

やれやれ…

昨日は各地で大荒れだったようだな。

仙台では雪で中断って…待たされる客の身にもなれよ。マウンドからは埋蔵金?

でも、開幕4連敗くらい大したことないだろーよ。全部負けることはない。
同じく全部勝つこともない。

しかーし!

More
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-03-30 12:42 | Baseball

守備妨害?

アマチュアのだからなのか、清く正しく美しくの高野連だからなのか知らんが、選抜の守備妨害判定は厳し過ぎだろ?

More
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-03-28 13:22 | Baseball

WBC効果は微々たるもの

世のマスコミは揃いも揃って、パに客が集まったことをWBC効果として騒いでる。

数字で見ると、そうなの?って感じだ。

More
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-03-28 03:15 | Baseball

2006開幕戦はまずまず

パリーグが開幕。
各地とも盛況だったようで、それが何より。WBC効果とマスコミは決めつけているが、そうなのか?

別に福岡の開幕戦(に限らない)が満員なのはいつものことだし…。まあ、行きたかったのにチケット取れなかったって人は多いかもしれんな。

インボイスは荒川効果じゃねえのか?金メダル効果だな。それとキヨ・ノリもあるかもしれん。

札幌は、北海道での人気がファイターズにシフトしたってことの現れだろうしね。SHINJOが何をやるのか?ってのもあっただろうし…。

関係ないね。パに客が入ったことを今更驚いてるマスコミがバカなだけだ。…と思いたい(笑)

More
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-03-26 04:05 | Baseball

哀しいものだな

ま、どんな結果であれ、ファンも傍観者も勝手なもので、文句は出て来るものだと覚悟はしてたさ。俺もそんなファンの一人だという自覚もあるけどな…。

ある人気ブログ(ランキング上位の常連)の記事を読んで哀しくなっちゃったよ。

ファンであれば自分の球団の選手がかわいいのは当たり前で、褒め称え、叱り飛ばして、鼓舞するものさ。そんなファンが自分の選手を絶賛するのは微笑ましいものだ。でも、だからこそこういう寄せ集めでやる真剣勝負は厄介だ。特に、プロ野球ファンにはこういう経験がほとんどない。

でも、“世界一”を決めようという試合で修羅場での経験や実力を評価して起用したのに、それをあの王監督がレギュラーシーズンを睨んで、自チームの投手を温存したと思われるとはね…。王監督はそんな器用な人間じゃないだろうよ。

そんな器の小さい人間だったら、自分の状況を考えて、そもそも代表監督を引き受けないっつうの。

国内で順調に調整してた自チームのクローザーを代替選手として緊急召集なんて、自チームのことを考えてたらするわけないだろう。しかも、一度の登板機会も与えずに…。

こんなビッグゲームのピンチの場面で、リリーフ経験がほとんどない投手と、多くの経験を持つセットアッパーのどっちを使うか迷うのか?ま、王監督にも自分のチームがやられた記憶の方が鮮明だというのもあるだろうが…(笑)

その割には自分のチームのあまり出番がなかった投手の調子を心配してたり…。勝手なもんだ。投げてない投手、出場機会の少なかった選手も多いことくらい、どの球団のファンだってわかっとるわ!

表彰式や記念撮影に、図々しく紛れ込んでた根来の方がムカツクけどね!汚らわしい!監督や選手に近寄るな!トロフィーに汚い手で触るな!
選手がフクロにしてやればよかったんだ。

人気blogランキングへ
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-03-23 15:15 | Baseball

WBC CLIMAX!

WBC日本代表が第1回WORLD BASEBALL CLASSICを制しました!!!

現役のチーム監督でありながら野球の未来の為に代表監督を引き受けた王監督とその王監督の元に集い、シーズン前の調整を早め、怪我の危険も顧みず、代表の誇りを胸に戦いに挑んだ選手たちの姿、成し遂げた偉業は、表現する言葉が見当たらないほど、熱く胸に響いた。

素晴らしかった…。

様々な要素が絡み合った決勝戦だった。

四死球が招くもの。
失策の恐さ。
それを乗り越えるチームのまとまり。
一発の恐さ。
一発を越える打線のつながり。
流れを作る采配の妙。
拮抗する力と技。
決して諦めない気高き精神。
そして、ひたむきさが呼ぶ熱狂。

世界一の称号を手にする難しさ。
歓喜と落胆。

This is 野球!

なんだかんだ言ってきたけど、王監督、あなたが目指した野球、あなたのもとに集まった選手達は最高でした。世界一のチームになりました。ありがとうございます。こんな幸せな気分に浸れるなんて…。

その真摯な姿を、野球を愛する人は慕い、野球を楽しむ子供から大人まで皆目指すでしょう。
俺には称えることしかできません。でも、俺の貧困な思考と言語能力ではもういっぱいいっぱいだよ。

本当におめでとう!ありがとう!WBC日本代表!





そして(プロ)野球界に巣食う者達よ、悔い改めなさい。これは(プロ)野球界全体の手柄ではない。日本そして世界の野球の未来を憂い、現状に風穴を開けようとその身を捧げた男たちの点した灯りだ。決して消したり、曇らせたりしてはならない。
人気blogランキングへ
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-03-22 03:03 | Baseball
日本は韓国を6-0で破り、キューバの待つ決勝へと駒を進めた。

これまで、シフトチェンジの際に、ガックンガックンしてた車が、いきなり完璧なクラッチミートで滑らかに加速したような快感だった。

7回の多村のバント失敗まではガックンガックンだよ(笑)

次の今江に替えて代打福留。ここでスコーン!とハマったね。

王監督は打撃練習で復調していると判断した福留にスタメンは外すけど、いい場面で使うことを告げていたらしい。
これで奮い立たないわけがない。なんだかんだ言っても『世界の王』にお前の打撃はいける、チャンスは任せた!と言われたということなんだから…。

その福留は起用に応え、先制の2ランを叩き込む。

あとは怒涛の攻撃だった。一気にこの回5点を奪い、ほぼ試合を決定付けた。

一つ妙だったのは左の福留が代打で出てきたときの韓国の継投だったが、いや正確に言うなら継投しなかったことだが、あとからク・デソンが負傷していたことを韓国サイドが明かした。韓国の鉄壁と思われた投手陣にひびが入っていたということだ。

しかし、それも勝負のうち。結果的には、そこから突破口を開いて、一気に韓国投手陣を決壊させた日本の打撃陣も見事だった。故障者が出るのも勝負の綾だ。

上原をはじめとする投手、そして福留の一発から畳みかけた打者、選手を送り出した指揮官の気持ちが一つになった勝利だった。

次はキューバ。もう感情的、歴史的な背景など関係ない。純粋に野球をするだけだ。

勝って来い!
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-03-20 12:22 | Baseball
この一連の“ジャッジ”は本当に“誤審”なのか?

どう考えてもおかしいだろ。

レベルが低いとかそういう問題じゃない。

全部は見てないから知らんけど、日米戦の例のジャッジ。今日の墨米戦のポール直撃二塁打?のジャッジ。(どうやら、アウトセーフについてもあったらしいが…)

ま、そんなこんなの手を尽くした?のかどうかは知らんが、それでも米国は二次リーグでの敗退が決まった。

誤審術では米国の準決勝進出は守れなかった訳だ。

アメ公自身の関心自体が低いらしいから、端からこの大会は失敗だったのかもしれないけど、アメ公以上にこっちは興醒めしまくりなんだよな。本っ当、くだらねぇ。

アンフェアなのは誰か?って、そりゃぁ、アメリカだろうよ。選手たちがどうかはわからんけどな。

でも、結局、九死に一生を得た日本の勝ち上がりが決まったわけだけど、どうにも盛り上がれない、入り込めない俺がいるよ。どうしたもんかね?
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-03-17 17:59 | Baseball
今日、日本は韓国に敗れ、2次リーグの進出の可能性が極めて低くなった。

様々な問題を抱えながらも、参加したこの大会。
1次リーグで韓国に敗れたものの、他の参加国のレベルが低かったこともあり、2次リーグに進出できた。

結果論になるが、日本はこの大会で接戦に一度も勝ってない。

もちろん、米国戦での判定の問題もあったが、あのゲームも、そして今日の韓国戦も昨日のメキシコ戦もそうだったが、取るべきときに得点できなかったことが、結果的に響いた。チャンスが多かったのはどのゲームも日本だったはずだ。

これは日本が勝負弱いと片付けることは簡単だが、俺には必勝を期した戦い方ではなかったように思えてならない。

王監督、そして松中。ホークスを愛するものとしてこの二人の名を挙げるのは辛いところだが、敢えて言う。

求心力という点からすれば、今回王さんが監督に選ばれたというのは止むを得ないところかもしれない。逆に王監督だからこそ、これだけのメンバーが集まったとも言えるだろう。逆に王監督が口説いたにも関わらず、松井、井口は出場を断った。その辺りのことについては、今更言及しても仕方のないことだ。参加に積極的でなかったのは彼らだけではないしな。ま、井口はいなくてよかったのかもしれないけどね。

ただ、王監督の采配が、こういう短期決戦向きではないように思っていたのが正直なところだ。これはホークスのゲームを観ていても感じるところだが、手を打つのが基本的に遅い。シーズンをトータルで考えれば、その時々で結果が出なくても、それで選手が育って、のちに成果が上がることも考えられるので、一概には批判するものではないが、今回のような明日なき戦いでは、裏目に出たように思える。

投手交替、代打起用、代走。確実に送りたいときには、そのための代打があってもよかっただろうし、万全を期すためであれば、一人を抑えるために投手を替えてもよかったはずだと思う場面も散見された。

これは投手の投球数制限の問題にしてもそうだ。そのルールを変えるような働きかけがなされたのかどうかはわからないが、その要求が通らなかったのであれば、投手の選考基準も変えるべきだったと思う。少なくとも修羅場を踏んだ、リリーフ経験が豊富な投手がもっと選ばれるべきだったのではないだろうか。

そして、松中。彼が現在の日本球界最高の打者であることには何ら疑問を差し挟む余地はない。そして、王監督が思う四番の重みを受け止められる唯一の“漢”だと思う。それが故に、王監督は松中をメンバーから外さないし、四番から外すことも考えられない。
結果を見ても、ホームランこそ出ていないものの、しっかりヒットを打っている。彼がイチローならば、それで誰も文句は言うまい。だが、彼は違う。彼はヒットを打っただけで認めてもらえる打者ではないのだ。今回は特に3番打者が繋げず、先頭打者で打席に立つ機会が多かった。それだけに、数少ない走者を置いた状態で回ってきた打席での凡退が目立ってしまった。
逆に松中が3番だったら打線が繋がるようにも思えた。

イチローと西岡。彼らは、王監督が標榜した日本野球の代名詞とも言えたし、イチローはともかく西岡の活躍は目覚しかった。しかし、その流れも2次リーグでアメリカに渡ってからは止まってしまった。決して、不調になったわけではないし、彼自身の責任ではないのだが、ツキのない選手になってしまった気がする。
しかし、そういったところを王監督は気にするタイプではない。スターターでは出さないというだけでもいいだろうし、チャンスを与えられた他の選手がラッキーボーイになることだってある。短期決戦ではそういう選手は重要だ。

それだけに、日本代表の監督は膠着状態を打破するために思い切った手の打てる人物が務めるべきだったのではないかと思えてならない。

ここに来て、こんなことを言ったところで、何も変わらないし、無意味だとは分かっているんだが…。おそらく、王監督や松中に対して、色々な批判も出ることは予想できる。ホークスファンの私にしてみれば、この二人はもはやセットだ。切り離すことが出来ない。でも、今回のことは、王監督に頼まざるを得ない、日本球界の問題点が引き起こしたと俺は思っている。

無論、この点に関してはNPBや各リーグ、各球団が充分なバックアップを出来ていないことが最大の問題だ。選手の召集に関しても、どれだけの労力を費やしたのか。

松井、それ以上に城島がいれば…と何度思ったことか…。



つうか何より、悔しいんだよ!俺は。
これから、起こるであろう、王監督や松中をはじめとする選手への個人的な批判もそうだし、何よりも負けたことが!
こんなモンじゃねえよ!って思ってんだよ。日本の野球は、日本の選手たちは!
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-03-16 16:26 | Baseball