毒吐くの場です。愚か者の独り言…。


by forbidden__fruit

ビジョン無き監督解任に明日はない

成績不振の責任を監督に取らせるということは、プロスポーツの世界ならよくあること。

今年はワールドカップイヤーということもあって、長い中断期間が存在するのだから、ここまでに低迷しているクラブは立て直しに絶好の機会が与えられているわけだ。

ここで監督の首をすげ替える。まぁ、それはいいだろう。

松田監督 電撃解任 後任は未定

問題は、後任は未定、しかも、内部昇格も視野にあるという点だ。

どういうチームにするのか。どういう方向性で強化していくのか。目指すFootballはどんなものか。

監督、コーチの人選というのは、そこが出発点のはずだ。
会見に同席した長谷川グループ長は「(松田監督は)非常に功績があった。ただプロフェッショナルである以上、現有戦力でいかに勝つか、勝てる監督でなければならない」と説明。勝利至上主義に基づき松田監督の手腕に限界を感じての解任だった。
と記事にはあるが、だったら?疑問は多い。
内部昇格で勝てるような経験のあるコーチがいるのか?
プロなんだから、どれだけ怪我人が出ようと、現有戦力で勝てと?
だったら、FW獲得の噂は否定するのか?

そもそも、なぜ、この時期に監督を代えるにも関わらず、後任は未定なのか。

おそらくはリーグ戦の中断前から中断までの試合で勝てなければ解任というのは、クラブの幹部の頭にはあったはずだ。それは松田監督にも伝えられて良かったと思うし、もし勝てなければ解任が規定路線だったのなら、次期監督候補との交渉にもその間に入っていなければおかしい。

これは無計画なフロントがその場しのぎで不振の責任を現場のトップに押し付けただけだ。

ビジョンを選手・サポーターに示さず、試合のないこの時期に、わざとサポーターから直接スタジアムでの攻撃を受けない中断期間に解任するやり方は汚い。

これで、今年再びJ2に降格するようなことがあれば、フロントも全員腹を切るべきだ。
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-05-23 11:44 | Football