毒吐くの場です。愚か者の独り言…。


by forbidden__fruit

05-06CLファイナルはFCバルセロナが制覇

いいゲームだった。

久々に最高峰のFootballを観た。
バルセロナとアーセナルの組み合わせ。俺にとっては最高の組み合わせと言っていい。

攻撃的で美しいFootball。

ただ、アンリが決定的な場面でことごとくGKバルデスに止められてしまった。

そして何よりも、前半17分のアーセナルGKレーマンの退場…。ボールに行ってはいたけど、エトーを倒したのも事実。しかもPAの外。その流れのゴールは認めず、レーマンに一発レッドで、バルサにFKを与える。バランスを取った判定かもしれないが、これで失点+退場よりもアーセナルにはチャンスが残されたように思えた。もちろん得点を認めて、レーマンにはイエローという方がよかったんだが…。
しかし、当然のことながら、こうなるとアーセナルに勝つチャンスは少ない。





アーセナルがアンリのCKからキャンベルの頭で先制するも徐々にボールを支配され、体力を失っていく。追い討ちをかけるように大粒の雨が…。
攻撃はアンリとリュングベリ頼みになってしまう。ピレスをGKと交替させたことが響く。

後半にはバルセロナもメンバーを入れ替えながら、アーセナルゴールに迫る。イニエスタ、ラーション、ベレッチ…。交替出場した選手が全員ゴールに絡んだ。フル出場のディフェンス陣が力尽きた形になってしまった。ゴールこそ挙げていないけど、ラーションは巧くボールを繋いだ。アクセントとして大きかった。

最後はバルセロナの豪華な攻撃陣が抜群の堅固さを誇っていたアーセナルの守備を粉砕した形。

アーセナルの夢はファイナルで潰えた。アーセナルにとっては残念な結果になったけど、退場者が出たとはいえ、それも実力。それでもアンリが一本でも決めていたら結果は違ったかもしれない。Footballは楽しい。
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-05-18 15:33 | Football