毒吐くの場です。愚か者の独り言…。


by forbidden__fruit

ドイツWC日本代表決まっちまった…

もはや、この23人と心中するしかないということだ。

2006FIFAワールドカップTM ドイツ大会 登録メンバー
GK
土肥 洋一
川口 能活
楢崎 正剛

DF
田中 誠
宮本 恒靖
加地 亮
アレックス
坪井 慶介
中澤 佑二
駒野 友一
中田 浩二

MF
福西 崇史
小笠原 満男
小野 伸二
中田 英寿
中村 俊輔
稲本 潤一
遠藤 保仁

FW
高原直泰
大黒将志
柳沢敦
玉田圭司
巻誠一郎

ま、それほど驚くような結果ではないが、おそらく最大のサプライズとされるのは久保が外れ、巻と玉田が食い込んだことだろう。ま、最後の玉田の使われ方をみていると、ジーコ選ぶ気かよ!?イヤな予感はあった。




俺としては中田浩二の選出、松井大輔の落選が驚きでもあり、ショックでもある。

DF
高さ、強さは中澤頼りが鮮明なメンバーだ。出場停止や怪我があったらどうする気だ?バックアップメンバーが一人もいない。
統率するのは宮本なんだろうが、これもまたバックアップなし。期待はしてなかったが、ここに松田を入れるべきだったと思うんだけどな。
3バック要員と見られるのは田中と坪井か。
坪井なんて、もし出ても吹っ飛ばされるか、ぶち抜かれるかのイメージしか沸かない。軽すぎる。


MF
何の驚きもないといえばそうなんだけど、ドリブラータイプが一人もいないことがバランスに欠けるように見えてならない。
パサーとディフェンシブハーフのみの構成。是非とも、FW登録でも松井が欲しかった。
前が詰まるとボールをこね回しそうなタイプ揃い。不用意なバックパス(または横パス)が命取りになりそうだ。ま、状況によってはアレや加地がこの辺のポジションに加わってしまうからなのかもしれないが、そう考えるとMFは中田浩二も含め10人くらいいることになる。

FW
おそらく最大の話題になるであろう、FWのメンバー。最後の追い上げで差し切った形で巻の選出。
さすがにジーコもリハビリ中の柳沢と腰に爆弾を抱えた久保の両方を選出するのは恐かったんだろう。そこで柳沢を選ぶのがジーコらしいといえばジーコらしい。久保の代わりなら、高さのある巻という選択なんだろう。それに久保よりも柳沢や巻は守備をやるということもある。攻めこまれることが多いことを見越したともいえる。
ジョーカーは大黒で充分。という観点で大黒に佐藤は負けたということになる。

ならば玉田は?

このピースがどう使われるのか。

おそらく、このメンバーならFWの軸は高原だろう。柳沢のコンディションが戻るのなら、高原・柳沢この二人のコンビか。俺としては、あまり見たくないコンビだが…。そうでなければ高原・巻?
玉田を組ませるのなら、1.5列目的な使い方?だったら松井でいいじゃないか。と思うんだけどなぁ。というより松井の方がいいだろう。タメをつくる、二列目の上がりを促す、ファールをもらう。どれも松井の方がいい気がする。スピードなら玉田が上だろうか。

ま、ごちゃごちゃ言っても選手を決めるのはジーコ。やるのは選手なのだから、欧州入りしてのテストマッチでどんな結果を出すのか。どんなパフォーマンスを見せるのか、不安を抱きつつも期待してみたいものだ。

正直、今回のワールドカップの結果には期待してない。決勝トーナメントに進出できたら大成功だと思っている。もちろん勝ってくれれば、それに勝るものはないが…。
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-05-15 15:46 | Football