毒吐くの場です。愚か者の独り言…。


by forbidden__fruit

監督の言葉を読んで辟易する

選手は機械ではない。
というか機械にだって好不調はある。

王貞治氏は無論尊敬すべき人物であるし、偉大な名選手だった。

でも、正直なところ監督としての能力には疑問符がつく。

ご自身が野手(投手でもあったが…)で実績を残した人物であるから、プロとしては打者のことがよく分かるのは当然ではあるが…





基本的には投手に厳しく、野手に甘い気がする。

今日の寺原。
もちろん完璧な内容ではなかったが、責められるべきだろうか?

むしろ2試合連続で野手に足を引っ張られながらも、よく踏ん張ってくれたと褒めてあげたいくらいだよ。

6、7番が打ったのは事実だが、チャンスに全く打てなかったクリーンアップを差し置いて下位打線の問題にするのはいかがなものだろうか。

絶好球を主軸がミスショットすることには寛容だが、投手のコントロールミスには厳しい。

どうも公平さを欠く気がする。

選手の能力、適性、調子を見極め、選手をやりくりするのが監督はじめ首脳陣の仕事なのではないだろうか。

選手のやりやすい状況を作れているだろうか。もちろん緊急的な手当てとして、投手を注ぎ込まなければならないこともあるだろう。だが、どうも走者を出した状況で替える継投が余りに多い。そこを何とかするのが選手の仕事ではあるが、そのための準備をさせているのだろうか。

代打にしても同じだと思う。シーズン序盤、柴原が代打でいい成績を残していた。その頃、王監督はスタメンで起用しない柴原に、調子がいいことは分かっているから、いい場面で行けるようにしておけというようなことを伝えていたと聞く。WBCのときの福留もそうだ。

そう言われていれば、それに備えて試合の流れを見ながら、気持ちを作っていくと引退した選手が書いた本で読んだことがある。

今、代打の切り札といえるカードはベンチにはない。場当たり的にというか画一的にというべきか右投手なら宮地、左なら…江川が出ていると、松田、井手あたりを使っているように見えてならない。いい結果が出ないのも当然のような気がする。

投手交替も選手の気持ちと合ってないんじゃないだろうか?

全ての選手が能力的に他を圧するものを持っていて常にそれを発揮できるのなら、これまでのやり方でも何とかなるだろう。しかし、ご自身でいまいちと思っていらっしゃるようだし、それを分かって使っているのであれば、もっと取り扱いには注意が必要だと思う。

チームを変えようというつもりはあるようだが、選手の使い方は基本的に変わっていない。監督の頭の中から、選手の使い方、というより扱い方を変える必要があるように思える。まずは監督自身の頭の切り替えが必要に思える。
[PR]
by forbidden__fruit | 2006-05-14 02:48 | Baseball